エクオールのサプリが注目されている理由としては、更年期障害や月経前症候群の症状を緩和させる効果が期待できるからです。更年期障害や月経前症候群はホルモンバランスの乱れにより引き起こされるものです。

女性ホルモンのエストロゲンの減少がホルモンバランスの乱れにつながってしまい、心と体に様々な不調をもたらします。エクオールはエストロゲンに似た働きをするので、ホルモンバランスの乱れを整えて更年期障害や月経前症候群のつらい症状を緩和させる効果が期待できます。

当サイトやドラッグストア、薬局やなどで手軽に購入することができます。エクオールのサプリを積極的に摂取して更年期障害や月経前症候群に負けない健やかな体づくりに努めていきましょう。

エクオール+ラクトビオン酸 (アドバンスト・メディカル・ケア)
エクオール+ラクトビオン酸 (アドバンスト・メディカル・ケア)

エクオール研究の専門医の吉形玲美(よしかた れみ)医師と共同開発で生まれたエクオールサプリメント!

「エクオール+ラクトビオン酸」は、2015年北米閉経学会(NAMS)学会賞を受賞した吉形玲美医師との共同開発で作られた女性のためのエクオールサプリメントなのです。

エクオールにプラスして「ラクトビオン酸」も配合されています。
ラクトビオン酸にはエクオールの働きを助け、さらにはカルシウムの体内吸収も向上させる効果もあるのです。

TV番組で特集が組まれるほどの実力で、その人気はさらに注目されている健康サプリメントなのです。

更年期サプリ購入におすすめサイトは?

おすすめ当サイトで紹介している更年期サプリメントは、信頼度が高く、認知度、ブランド力が高い商品ばかりです。美容系の雑誌や更年期特集などで知識を得たり、色々なサイトで情報が簡単に入る時代ですので、自分でこのサイトは、おすすめしにくいです。まだまだ、情報量も足りていませんが、当サイトだけで更年期障害についての全ての知識が得られるよう読者様と一緒に勉強してまいります。サイト名の「わかる更年期」に恥じないコンテンツ制作、更新を続けていきますので、お付き合いのほど、よろしくお願いします。

また、更年期サプリの販売価格は、メーカや小売店の意向によって、大きく異なります。当サイトで紹介させていただいております7つのサプリにはそれぞれ特徴がありますので、症状に合わせてお選びください。

エクオールが口コミで話題になっている理由

話題最近、大手の口コミサイトでも話題を集めている成分が、エクオールです。女性に人気がある大豆イソフラボンは、大豆製品にを含まれています。日本は、更年期障害に悩む女性が少なくありません。また、ホルモンバランスが乱れているために、肌の不調を感じている女性も多いです。

大豆イソフラボンは、ホルモンバランスを整え、女性特有の体の悩みや肌の不調を改善する効果が期待できるのです。大豆イソフラボンの中のダイゼインは、腸内細菌の働きによって代謝され、エクオールとなりますが、日本女性の約半数がエクオールを作り出せないため、エクオールサプリが話題になっています。

ダイゼインのまま体に吸収されるよりも、エクオールとして吸収される方が、体や肌に効果を発揮すると考えられています。最近は、サプリメントにも配合されて、多くの女性に愛用されています。

大豆イソフラボンに関する安全性評価の結果 - 食品安全委員会より引用 –

・閉経前女性、閉経後女性及び男性
日常の食生活において、大豆イソフラボンを大豆食品から日常摂取量(16~22 ㎎/日)を毎日摂取している閉経前・閉経後の女性、及び男性については、日常の食生活に加えて、特定保健用食品により摂取する大豆イソフラボンの摂取量が、大豆イソフラボンアグリコンとして 30 ㎎/日の範囲に収まるように適切にコントロールを行うことができるのであれば、安全性上の問題はないものと考えられる。

また、日常の食生活において、平成 14 年国民栄養調査の結果による 80~85 パーセンタイル値相当量(40~45 ㎎/日)を超える量の大豆イソフラボンを大豆食品から毎日摂取している閉経前・閉経後の女性、及び男性については、特定保健用食品として30 ㎎/日相当の大豆イソフラボンを摂取することにより、大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限値 70~75 ㎎/日を超えることになるが、そもそも、日常の食生活において、80~85 パーセンタイル値相当量を超える大豆イソフラボンを大豆食品から既に摂取している人は、特定保健用食品として 30 ㎎/日相当の大豆イソフラボンを摂取したほうが良いという根拠はないと考えられる。

まとめ

・閉経前女性、閉経後女性及び男性について
大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の上限値

① 食経験に基づく設定
日本人が長年に渡り摂取している大豆食品の大豆イソフラボンの摂取量により、明らかな健康被害は報告されていないことから、その量は概ね安全であると考える。
そこで、平成 14 年国民栄養調査から試算した、大豆食品からの大豆イソフラボン摂取量の 95 パーセンタイル値 70 ㎎/日(64~76 ㎎/日:アグリコン換算値)を食経験に基づく、現時点におけるヒトの安全な摂取目安量の上限値とする。

② ヒト臨床研究に基づく設定海外(イタリア)において、閉経後女性を対象に大豆イソフラボン錠剤を 150 ㎎/日、5 年間、摂取し続けた試験において、子宮内膜増殖症の発症が摂取群で有意に高かったことから、大豆イソフラボン 150 ㎎/日はヒトにおける健康被害の発現が懸念される「影響量」と考えられる。摂取対象者が閉経後女性のみであることや個人差等を考慮し、150 ㎎/日の2分の1、大豆イソフラボンアグリコンとして 75 ㎎/日をヒト臨床試験に基づく、現時点におけるヒトの安全な摂取目安量の上限値とする。

上記①及び②から、現時点における大豆イソフラボンの安全な一日摂取目安量の
上限値は、大豆イソフラボンアグリコンとして 70~75 ㎎/日とする。

エクオールのサプリの人気について

エクオールのサプリが人気の理由は、サプリによって、腸内環境を整えることができるからです。

エクオールのサプリは、大豆に含まれる、大豆イソフラボンが腸内細菌によって作られるサプリです。

女性の中で人気になっている理由としては、しわを薄くする効果があるのと、乳がんの予防にもなります。
そして、腸内環境が改善するので、便秘解消にも効果があるので、ダイエット効果、そして、美肌効果もあるので、女性の中ではかなりの話題になっています。

男性にとっても、イライラが収まったり、疲れた体にも効果があるので、飲んで損のないサプリです。

腸内環境を整えることで、体内環境が改善されるので、さまざまなことに効果があるので、オススメです。

エクオール+ラクトビオン酸
当サイトオススメの更年期サプリ
エクオール+ラクトビオン酸
更年期専門ドクターとのコラボが実現!
さらに詳しく

エクオールを作れない人におすすめのサプリ

ホルモンバランスが乱れた時や、月経前症候群で悩んでいる時などに、大豆製品を積極的に食べる女性は少なくありません。大豆製品には、女性ホルモンのエストロゲンと同じような作用が期待できる大豆イソフラボンが含まれているからです。その大豆イソフラボンが変換されて生まれたのが、エクオールです。

女性の美容と健康に非常に役立つエクオールですが、日本人の半分は体内で作ることができないのです。体内で作ることができる人は、大豆製品を積極的に食べると効果的です。毎日10mgが目安だと言われています。エクオールを作れない体質の人は、サプリメントを利用して摂取している人が多いです。最近は、優れたサプリメントも販売されているので、安心してサプリメントを購入することができます。

エクオールを作れない人でもサプリメントなら大丈夫!

エクオールは、ビフィズス菌ブレーベ15700やビフィズス菌BB536などの腸内細菌により産生される栄養素ですが、世界的な大豆の消費量の少ない民族や年齢層にエクオール産生菌の体内保菌率が低い傾向がみられます。日本国内でも、大豆由来の食品の摂取量の多い年齢層では50%前後が体内に保菌していますが、摂取量の少ない10歳代では20%と非常に低くなっています。その為、若い世代の一部しかエクオール産生菌を保菌していないので、サプリメントなどで不足分を補う必要があります。又、過剰に摂取しても副作用の心配は無いので安心して服用出来るサプリメントです。

エクオールについて - 日本女性医学学会より引用 –

・エクオール
エクオールは、大豆イソフラボンの一つであるダイゼインから、腸内細菌の働きによって産生される代謝物です。大豆を摂取することで腸内で産生され、エストロゲン受容体に結合することから弱い女性ホルモン(エストロゲン)様作用を有します。このことから、大豆や大豆イソフラボンの摂取は女性の健康維持増進に貢献することが期待されています。しかし、エクオールを産生できる人の割合は、日本や中国など大豆をよく食べる国では約 50%、欧米人では約 30%にとどまるといわれ*6、大豆を食べても、その恩恵を受けられない人がいます。その様なタイプの人は、エクオールを含む食品の利用も選択肢のひとつです。
*6 日本女性医学学会雑誌, 20: 313-332, 2012

各国でのエクオール生産者の割合
大豆イソフラボン

日本人はエクオール生産菌の保持率が高い?理由はアノ食品!

日本人は、一般的に欧米人に比べてエクオール生産菌の保菌率が非常に高いとされ、とくに大豆由来の食品である豆腐や納豆、味噌などの摂取量の多い年齢層ほど保菌率が高い事が実証されています。しかし、食生活の急激な欧米化で大豆由来の食品の摂取量が減少している若い年齢層では、エクオール産生菌の保菌率が欧米人並みに低くなっています。その為、ソイチェックで産生菌の有無を確認する若い女性が非常に増えています。又、体内にエクオール産生菌を保菌していない女性の多くが、サプリメントなどの栄養補助食品で不足分を補っています。

大豆食品を多く摂っている人にはなぜ更年期障害が少ないのか、その秘密はエクオールだった

女性も40代後半になると更年期障害に悩まされる時期があります。更年期障害を緩和させる方法として大豆イソフラボンを多く含む食品を積極的にとるのがいいとされてきましたが、その中でも体の中でエクオールという成分を作り出せる人でしたら、とくにイソフラボンの摂取で更年期を緩和させる効果が高いことがわかってきました。ただエクオールという物質を体で作れる人は日本人では半分くらいだといいます。ですからエクオールを作り出せないという人は、サプリで摂取することで症状を緩和させることができるのです。まずは検査をしてみるといいでしょう。

更年期サプリ「エクオール」の安全性について

エクオールは、大豆イソフラボンに含まれるガイゼインが腸内で乳酸菌やビフィズス菌に代謝される事で産生される栄養素なので大豆イソフラボン様相効果を示しエストロゲンの0.1%〜1%程度の効果が期待出来、卵巣のエストロゲンの分泌量低下を補い更年期障害を緩和改善する効果があります。しかし、エクオールは、大豆イソフラボンの様にDNAの二本鎖を切断し再結合させる事でDNAの立体構造を変化させる酵素DNAジャイレースの働きを阻害する事が無く、過剰摂取しても副作用が出る事が無く安全性の高いサプリメントとされています。その為、30歳代〜40歳代のプレ更年期障害の女性にも人気のサプリメントです。

エクオールサプリメントの副作用について

エクオールサプリメントについて、さらにお知らせしたいと思います。
「エクオールサプリメントに副作用は?」なんて質問があると思いますが、いろいろ調べてみるとわかったことがありました。
結論から言いますと、ご紹介するエクオールサプリメントは1日あたりの正しい規定摂取量を守って摂っていただければ副作用はまったく心配ないのです。

副作用があると考えるのならば、エクオールサプリメントに含まれる大豆イソフラボンの摂取量のことでしょう。
食品安全委員会の発表によると「大豆イソフラボンの1日の摂取目安量としては、70~75mgが望ましい」とされていて、ご紹介するエクオールサプリメントには、1日あたりの摂取量なら25mgの大豆イソフラボンが含まれるということなので、全く問題はないのです。
正しく摂れば、エクオールサプリメントの副作用は心配ありません。

エクオールサプリメントはラクトビオン酸との組み合わせがオススメ!

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持ち、更年期症状の緩和やアンチエイジングに効果があるとして注目されてきました。しかし、イソフラボンを摂取するだけでは効果が期待できません。このイソフラボンを、エクオールという物質に体内で変換させなければならないのです。日本人女性の約半数が、この変換を行えない状況になっており、エクオールを直接摂取できるサプリが誕生しました。このサプリですが、ラクトビオンと組み合わせることで更に効果が増します。ラクトビオンには、エクオールの作用やカルシウムの吸収を強化する働きがあるのです。

エクオールとラクトビオン酸のサプリメント選び

エクオールとラクトビオン酸というのは最近注目されている美容系のサプリメントです。とくにエクオールは女性特有の症状に効果を発揮するイソフラボンで、これだけでも効果が期待できることから、単独でのサプリも発売されています。しかし、これにラクトビオン酸を一緒に配合することでより相乗的な効果が期待できるため、2種類の成分を配合したサプリも最近では発売されるようになってきました。ということで、サプリメント選びにあたっては、もちろん自分にあったものが一番ですが、基本的には両者が配合されたものを選ぶようにすることがよいでしょう。

・NHKでも紹介されたエクオールの効果
昔、エクオールの効果について、あのNHKでも紹介放送されたのです。
あの放送を観てエクオールのことを認知された方が多いのではないでしょうか?

その番組放送内ではエクオールには美容効果、コラーゲンを増やす効果があり、さらには老化予防にも効くと放送されていました。
女性ならスキンケアでの美容効果も重要だと思いますが、身体の内側からエクオールを使い美容対策もありではないでしょうか!?更年期対策、美容効果、老化防止とエクオールが効果的とわかれば、エクオールサプリメントに積極的になれるのではないでしょうか。

更年期に生理が長引く人・止まらない人の特徴

閉経とは、卵巣の中の卵胞が減少を続け、やがて消滅した状態を指します。この前後約5年ずつ、合計約10年間を更年期と呼びます。
更年期に入ると、生理不順になりやすくなり、周期や1回の期間が変化します。
8日間以上続くケースも多く見られますが、出血量によって原因が異なります。少量出血の場合は大きな心配はなく、ホルモンバランスの乱れの範囲に収まります。一方大量出血や鮮血の場合は、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がんなどの病気の恐れがあるため、早急に医師に相談してください。
周期が乱れず、生理が止まらない人は、まだ女性ホルモンが安定していると思われます。気になる場合は、基礎体温をはかることをお勧めします。更年期に入ると低温期と高温期の高低差が減っていき、閉経すると、高温期がなくなって低温期だけになります。自分の基礎体温記録と照らし合わせると、ホルモンバランスの状況をある程度把握できます。
生理周期や出血状況に不安がある場合は、一度婦人科を受診することをお勧めします。

月経の生理不順・不正出血など更年期障害が気になる女性のタメになる情報

更年期と呼ばれる年代になると生理周期が乱れたり、不正出血が起こる場合があります。これは急激なホルモンバランスの乱れから起こるとされているため、これら症状が強く出る場合は更年期障害も起こりやすい状態だと考えることが出来ます。そのため婦人科などで適切な治療を受けたり大豆製品を積極的に食事に取り入れることで症状の緩和を期待することが出来ます。しかし不正出血の中には子宮頸がんや子宮体がんのような恐ろしい病気が隠れている場合があるので、更年期障害だから仕方がない、と専門医に診てもらうことを放棄するのではなく、自分の身体がどの様な状態なのかをしっかりと診察してもらいましょう。

更年期障害のサプリメントはたくさんありすぎ

更年期サプリメントはたくさんありすぎ更年期障害の予防としてサプリメントを飲んでみたいが、たくさん種類がありすぎてどれにすればいいか迷っている方に、症状の対策としてお勧めのサプリメントを紹介します。

まずは、上記でもご紹介している通り、エクオール系のサプリで、定番のサプリはこのサイトでも度々登場するワード大豆イソフラボン系のサプリです。大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをするため、あらゆる更年期症状に適用されます。

次に、ローヤルゼリーです。たんぱく質・脂肪・果糖やブドウ糖・ビタミン・ミネラルが多く含まれているので、有効とされる症状としては、冷え性・肩こり・骨粗しょう症予防、倦怠感・無気力などの不定愁訴、精神的疲労などの改善などが報告されています。

あとは、田七人参、高麗人参、冬虫夏草などといった漢方系のサプリメントもお勧めです。
のぼせ・イライラ・冷え性・肩こり・貧血の症状に特にお勧めですが、幅広くカバーします。
更年期障害の症状は人によってもさまざまですので、どのサプリが効果的かは飲んでみないとわかりません。
しかし、成分ごとに効果の上がりやすい症状があるので、自分の症状に合ったサプリを選ぶのがいいと思います。

更年期障害にはまだ遠い年齢だけど少し気になる

更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少することで起こるとされているため、エストロゲンに似た構造を持つ大豆イソフラボンやポリフェノールを摂取すると症状を改善することが出来るとされています。しかし毎日、症状を改善するほど量を食事から摂取するには、献立を考えたり調理をすることを考えると、それだけで心も体も疲労してしまいます。

そこで、30代半ばから40代前半の少し更年期障害が気になり始める頃から大豆イソフラボンやポリフェノールが配合されたサプリメントを利用することがおすすめなのです。食後に服用することで効率良く体に吸収することが出来、その年齢が来た際に症状mの緩和が期待できるとされています。
症状に悩み生活に支障が出るくらいであれば、薬や病院に頼ることも大切なことですが、サプリメントのように手軽に始められる手段であれば、試してみる価値はあるでしょう。

更年期障害の汗やホットフラッシュの悩みについて

更年期障害の代表的な症状の一つに、ホットフラッシュがあります。顔や体がほてってしまい、冬の寒い時期や暑いと感じるような気温ではなくても汗をかいてしまったりのぼせてしまうのが特徴です。これは女性ホルモンの分泌量が減少したことで女性ホルモンの分泌を指示している脳が混乱を起こし、発汗の機能が乱れてしまっていることが原因となっています。更年期障害特有の症状だと言えるもののため、ホットフラッシュの症状が出た場合には病院に行きホルモン剤の注射など適切な治療をおこなうことで症状を改善することは鹿野になります。

更年期障害の症状の悩みを改善するには

のぼせやほてり、多汗、イライラ、不安、不眠といった症状が出てきた場合、更年期障害が起きている可能性があります。特に、ホットフラッシュと呼ばれるのぼせや急な汗は、時間や場所を選ばず起こるので、電車などに乗ったり、仕事をしている時に起こったりすると悩みの素となることがあります。
更年期障害はストレスが原因となりさらに悪化することがあります。ホットフラッシュや急な汗が出ることをあらかじめ想定し、ウェットティッシュやタオルを持つ、保冷剤を用意する、ということを行います。閉経後5年ほどで落ち着いてくると前向きに考えることも大切です。

更年期障害の症状を抑えるサプリメントがおすすめ

更年期になると、精神的な不安が大きくなったり感情の起伏が激しくなったり、異常な発汗や怠さなどの様々な症状がでてきます。
これらをまとめて更年期障害と呼びますが、これは女性ホルモンの分泌が著しく減少してしまうために起こるものです。
この更年期障害を抑えるために役立つサプリメントとして、イソフラボンが有名ですね。
イソフラボンは女性ホルモンと似た作用を持つことで有名ですが、実はイソフラボンの中のエクオールという成分のみが女性ホルモン様の働きをするのです。
ですから、イソフラボンよりエクオールを直接服用するほうが手っ取り早くておすすめなのですね。