エクオールが作れる体になる方法

ヨーグルト大豆が女性ホルモンに良い影響をもたらす事はよく知られていますが、この仕組みについてはまだ広くは知られていません。大豆に含まれるイソフラボンは体内に入ると腸内細菌によってエクオールという物質に変化します。
この成分が女性ホルモンと似たような働きをするため、ホルモンバランスの向上に役立ちます。
イソフラボンを含むサプリを飲めばそのサプリの効果でエクオールを増やす事が出来ますが、実はこれも体内で作れる体質の人とそうでない人がいます。
少なくとも腸内細菌が影響していますから、エクオールを効率よく作れる体になるには腸内の健康に注意するのが一番です。ビフィズス菌を含むヨーグルトなどを積極的に摂取して体質を変えていきましょう。

乳製品摂取が多い人にエクオールを作れない人が多い

エクオールを体内で作るには
植物由来のものでないと作りにくくなります。普段乳製品を取る機会の多い人は、意識して植物由来のものを取った方がいいかもしれません。動物性脂肪の多い牛乳よりは、植物由来の豆乳の方がオススメです。というわけで、大豆製品に注目が集まっています。腸内を健康に保つためのヨーグルトも乳製品ですが、問題なのは多量摂取です。毎日適量を取り入れ、腸内環境も合わせて整えましょう。

緑茶を良く飲む人はエクオールが作れる人が多い

緑茶大豆イソフラボンは誰もが人体の健康維持や健康増進に良い事は理解していますが、得られる効果には個人差が大きいとされています。そこで昨今誰もが平等に高い効能が得られるとして注目されているのがスーパーイソフラボンとも言われる事があるエクオールです。肌に発生しているシワを改善させたり、女性が悩む更年期障害を緩和させる事ができるという事で研究段階でありながらも話題になっています。
こうしたエクオールは身体の中でも生み出される事が判明しており、現在数多くの人々からサンプルを採取している段階です。そのような中で共通しているのが、日頃緑茶を飲用する機会が多い方はエクオールが大量に生じており、活動の活発であるという事です。

エクオールを作れる人でもサプリは飲むべき?

年齢を重ねた際、重度の更年期障害に陥る方と、楽に過ごす事ができる方に二分されます。
このように同じ年齢でも差が発生するのは、体内においてエクオールが作れる人とできない方に分かれるためです。
当然、自身の体内で作り出す事ができない方はサプリメントで栄養成分を補給してあげる必要がありますが、エクオールを作れる人が追加で摂取しても問題ありません。
何事も過剰摂取は好ましくないと考えられていますが、エクオールを作るために必要になる成分は大豆イソフラボンなので、当然サプリメントも大豆イソフラボンが含有されています。
天然の素材なので、薬のように過剰摂取による心配はありません。

エクオールが育毛に効果的って本当?

エクオールの育毛効果の現れ方については、各自の体質やホルモンバランス、食生活などに影響を受けることがありますが、早期に薄毛治療に取り掛かることが成功の秘訣として挙げられます。
髪の毛を健康にする働きがあるから、エクオールには育毛効果も期待できるのではないか。という期待があるようです。

エクオールの抜け毛に対する効果とは

男性の抜け毛はストレスが引き金となって生じるのに対し、女性の場合は更年期障害が起因となり生じます。
男性の場合は原因がストレスという事で明瞭になっているので、ストレス解消に努めれば良いのですが、更年期においては様々な要因が複雑に絡み合っているため一筋縄ではいきません。
そのような時、エクオールを飲むと原因の特定が難しい場合でも体の内側からしっかりと健康になります。
エクオールは、更年期の引き金として最も深く関与している女性ホルモンを再び増やす効果があるので、若い頃と同じようにハツラツとした毎日が営めます。

エクオールをつくる腸内細菌とは

エクオールは女性の更年期障害による症状を軽くし、骨粗しょう症の発生率を抑えるなど、女性の体にとって良い働きをします。
更年期の原因になる、ホルモンバランスの調整に大活躍する成分なのです。
このような作用を持つ細菌は、乳酸菌の一種など、約15種類が報告されています。
体内で作ることができない人や生産量が少ない人のため、エクオールを含有するサプリメントが市販されています。このようなサプリメントからの摂取によって体内生産と同等の作用が期待されます。

エクオールを増やすために食べたい食材

「エクオール」を作るためには、腸内で生産を助ける細菌を増やすことを始めなければいけません。では、増やすためにどのような食品があるのでしょうか。
食材の中で、飛びぬけて含有量が多いのがエシャロットです。また、かんぴょうや抹茶の粉、とうがらしやにんにくにも多く含まれますが、日常的に量を食べやすい食材としては、ごぼう、納豆などがあります。腸内細菌は体調によってもその構成比が変わりますから、これらの食材を食べると共に、体調管理に気をつけて善玉菌を増やしていきましょう。

当サイトオススメの更年期サプリ
吉形 玲美婦人科医師(医学博士)との共同開発 エクオール+ラクトビオン酸
エクオール+ラクトビオン酸
更年期専門ドクターとのコラボが実現!
ラクトビオン酸にはエクオールの働きを助け、さらにはカルシウムの体内吸収も向上させる効果もあるのです。