エクオールを食品から上手に摂取する方法

食品から摂取腸内を健康にすることで「エクオール」を増やすことにつながるのです。
どんなに大豆イソフラボンを多く含む食品を摂取しても、ダイゼインを分解してエクオールを作り出してくれる環境がなければ意味がありません。
また、大豆イソフラボンは腸内に1日しかとどまってくれませんので、納豆なら1パック、豆腐なら200グラム、豆乳なら200ミリリットルを毎日摂るようにしましょう。

エクオールはゆらぎ期の女性のエストロゲンの代わりに作用する効果がある

40代に入ると多くの女性が悩まされるのです。やる気がなくなったりイライラしたり激しく疲れたりと心と体に何かしらの症状がではじめるのです。
これが女性のゆらぎ期の症状です。これらの症状を緩和・改善するにはホルモンバランスを整える必要があります。そして、このような効果があるのがエクオールです。エクオールは体内で減少しつつあるエストロゲンの代わりに作用するため、ゆらぎ期の症状に効果的です。大豆イソフラボン由来の成分なので、体に負担なく簡単に摂取することができます。身体的症状が気になる方におすすめです。

エストロゲンに似た働きをするエクオールの効能

大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た働きをすることは以前から有名です。そしてそのさらに上を行くエクオールという成分があることをご存知でしょうか。女性はある年齢を境に女性ホルモン(エストロゲン)が減少していきます。
エクオールはその減少する女性ホルモンを補う働きがあるので注目される成分となっているのです。更年期の対策に良いとされていますが、美容や健康の効果もかなり高いとされています。

40代からのホルモンケアにはエクオールがオススメ

女性のホルモンケアにエクオールサプリメントをおすすめします。
サプリメントを飲むことで、40代女性特有のさまざまな体調不良が改善される効果が期待できます。毎日の健康のために、若々しく元気に過ごせるように、エクオールを取り入れサプリメントを試してみると良いでしょう。