エクオールを多く含む食品・食事

実は、エクオールという成分自体を多く含む食品は存在しません。エクオールは腸内で腸内細菌の働きによって生成される物質です。その働きを良くさせるなら、乳酸菌のサプリを摂取して腸内細菌の働きを活発化させるのも良いでしょう。また、エクオールを腸内で生成できない人もいるため、腸内での生成ではなくサプリでの摂取をするのも一つの方法です。多くの女性がサプリでエクオールを補っているようです。

抹茶にエクオール作り出す成分が多く含まれる

抹茶にエクオール女性の間でエクオールが大注目されていますね。これは女性の美容と健康に役立つ成分として高い評価を得て評判になっているからなのです。そして、このエクオールというものは個人差があって作れる人、作れない人と別れるのです。ですが解決方法はありますから安心してくださいね。自分で作れないなら、市販のサプリメントを利用すればよいだけなので、口コミの評判の良いものを選んで購入するようにしてください。エクオールを作り出すための成分を多く含んだ食品といえば抹茶になりますが、味が苦手な人だと、毎日飲むのは辛いと感じてしまうでしょう。サプリメントなら簡単に摂取できるので、更年期障害の症状を抑え、若々しい肌を取り戻したい方は利用するとよいでしょう。

ごぼうにエクオール作り出す成分が含まれている

ごぼうにエクオール女性ホルモン・エストロゲンと似た働きを持つという大豆イソフラボンはすでに有名です。美容にも健康にも効果が高くサプリなどの商品も多く出回っています。そんな大豆イソフラボンから産出されるのがエクオール。

そんなエクオールを増やすのにおすすめなのがごぼう。食物繊維豊富なごぼうを食べることで腸内細菌が増え、活性化し、エクオールを増やすことができるのです。もちろん大豆もおすすめですし、にんじんやアスパラガスなどの野菜、納豆など発酵食品もおすすめです。腸内細菌が少ないとたとえ大豆食品を食べていてもイソフラボンから変化させることはできません。

更年期障害対策になる食事とは

更年期には女性ホルモンの分泌量が変化し、身体に様々な症状を引き起こすため、普段の食事から身体に必要な栄養素をきちんと補給する事が大切です。

ビタミンが多く含まれる、豚肉やレバーがおすすめです。
また、ビタミンEにもホルモンの分泌調整作用があるので、かぼちゃやアボガド、ナッツ類などを食べるようにしましょう。食欲がない場合はサプリの利用も効果的です。食事で不足する分をサプリで補えば、辛い更年期も乗り越えることが出来るでしょう。

食品でエクオール生産菌を増やすことはできるの?

エクオールは、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが腸内細菌に代謝される事で産生される栄養素なので、乳酸菌を含むヨーグルトやチーズ、漬物、キムチ、ビフィズス菌の栄養源となるオリゴ糖を多く含む玉ねぎやキャベツ、ゴボウ、トウモロコシ、イモ類、食物繊維を多く含む干しシイタケや豆類、切干大根などの食品を積極的に食生活に取り入れる事で腸内環境が整えられ、腸内に既にいる産生菌の増殖を促進してエクオールの産生量を増やす効果が得られます。
又、食生活の改善だけで無く、ウォーキングや軽いストレッチによるデトックス効果に加え、腹筋や背筋、腸腰筋、大腰筋などを鍛える事で大腸のぜん動運動を活性化する事でも腸内環境を整える効果が得られ、エクオールの産生量を増やす事が出来ます。

更年期障害に良い食品「大豆」について

ある年齢になると、体内で失われたエストロゲンが原因で更年期がはじまってしまうのです。ですから不足してくる時期にエストロゲンを補給する必要があります。食品でこのエストロゲンに似た性質を持っているものに大豆イソフラボンがあります。これは豆乳や納豆などにも含まれているので更年期障害の予防のためにも日々の食事の中に組み込んで行くことが大事です。大豆イソフラボンは腸内に1日しかとどまってくれませんので、納豆なら1パック、豆腐なら200グラム、豆乳なら200ミリリットルを毎日摂るようにしましょう。

かんぴょうにはどのくらいのエクオールがある?

エクオールは女性に必要な健康成分で、女性の活躍を助けるあのイソフラボンの代わりにもなると言われています。
健康や美容に良いとされる成分ですが、日本人の大半は体内で作り出すことができません。腸内細菌が活発に働いていないからです。作り出すには食物繊維をしっかり摂って腸内細菌の活発化を行う必要があります。

エクオールを作り出すのにおすすめな食材の一つにかんぴょうがあります。食物繊維たっぷりの食材で、大豆ほどではないにしろ多く含んでいるのです。

ごぼうやユリね・ゆずの皮などもおすすめです。いわゆる和食を中心に食べていればスーパーイソフラボンを多く含む健康な身体になれるのです。

にんにく摂取でエクオール生成

にんにくいつまでも若々しく生き生きと毎日を送りたい女性にとって、女性ホルモン・エストロゲンの働きは非常に重要な役割を担っています。そんな中で年齢と共に徐々に低下する女性ホルモン・エストロゲンと似た作用を持つエクオールに注目が高まっています。
エクオールの働きに期待するなら腸内を健康にしなければなりません。ヨーグルトなど腸にやさしい食品を毎日食べるようにしましょう。そうすればエクオールパワーが働いて女性としての自信がみなぎってくると思います。

女性の乱れがちな腸内環境を改善して体内からこの成分を生み出すサポートする食材と言えば健康食品の代表でもあるにんにくです。にんにくには腸自体の働きを活性化して便秘や下痢などの諸症状を和らげるなどの効果があることで知られています。毎日にんにくを食生活に取り入れることで体内からエクオールを生み出して、女性らしいハリのある美肌や艶やかな髪の毛を維持するなどの嬉しい美容効果があります。

一日に必要なエクオールの量ってどのくらい?

一日に必要なエクオールの量は、それぞれの利用者の年齢や性別、健康状態などによって、わずかな違いがありますが、おおむね10mgに設定されています。
現在のところ、こうした健康食品の使い方について、数々の女性向けの媒体で取り上げられることがありますが、少しでも不安を解消したい時には、実際にエクオールを利用している人の体験談に目を通しておくことがとてもおすすめです。

食品にまつわる更年期障害がひどくなる行動とは

高カロリー、高コレステロール更年期障害の対策に食生活の見直しが必要だといわれています。現在、更年期に悩まされている方は自分の食生活について考え直してみましょうか。
食品では、脂っぽいもの、甘いもの、高カロリーなものは、脳への刺激にもなり、自律神経のバランスが乱れる原因になります。辛いもの、刺激物や、カフェイン、アルコールの取りすぎも、更年期障害の症状を悪化させます。血液の循環を良くすることが自律神経の働きを整えるので、野菜中心、魚を多くとる生活を心がけることが大切です。高カロリーな食事、食べ過ぎは、血液の循環も悪くするので、更年期障害がひどくなる原因になります。

更年期障害を緩和させる大豆食品は子供の時から食べる必要あるってホント?

更年期障害を緩和させる成分として大豆食品がありますが、子供のころから食べている人の方が大きな効果が期待できます。これは更年期障害の解消のためには大豆に含まれているイソフラボンのうち、ダイゼインという成分だけが女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きをするエクオールになります。エクオールの生成には腸内細菌が関わっているのですが、データによると子供のころから大豆製品を食べている人の多くにはエクオールを生成する腸内細菌が存在していると言われています。

更年期障害で避けた方が良い食品とは?

更年期障害で避けた方が良いものは、塩分を多く含んでいる食品です。更年期障害の症状が強く出ている時は、血圧が高くなりがちなため、この状態で食べてしまうと高くなっていた血圧がさらに上がってしまうことになるため、健康にも大きな影響を与えることになります。
他にも、胃や腸に刺激を与えやすい刺激性のあるものや冷たいものは、体調が不安定になったり代謝を低下させる原因になるため、血流の循環を阻害することにつながります。

更年期の症状が重くなる前に摂りたい食品とは

更年期障害の症状を緩和させたり、症状が重くなる前に予防したりするには、ホルモンと自律神経のバランスを整える作用がある栄養素を含む食品を、毎日の食事で意識して摂取することが大切です。大豆製品やごま類、豚肉、レバー、あさり、ほうれん草、ブロッコリー、イチゴなどの食品を、バランスよく食べるよう心がけましょう。

更年期障害の症状があるときに食べるべき食品

更年期障害の症状っていろんなタイプのトラブルがあるから精神的に嫌なものですよね。30代後半くらいの年齢に差し掛かる女性の皆様は意識して対策方法を学んだほうが良いと思います。この更年期障害には毎日の食事で改善につながったり、予防にもなるので効果的な食品は積極的に摂取したいところです。特に大豆食品や野菜やフルーツなどが良いとされています。

ドラッグストアで購入できる更年期サプリは?

更年期対策には、和漢薬などもありますが、できればサプリメントから始めてみてはどうでしよう。ドラッグストアでも、購入しやすい価格で販売しているメーカーが多数あります。更年期に効果あるサプリメントは、大豆イソフラボンです。減少した女性ホルモンを補助するだけでなく美容にも効果ありますから、試してみてください。

エクオールのサプリメントにはどのくらい更年期障害を改善する効果があるの?

更年期障害にエクオールのサプリメントを試してみましょう。
多くの女性が悩まされている更年期障害ですが、エクオールが体内で失われた成分の代わりに働いてくれるのです。
また、ニーズの高いエクオールのサプリメントを継続的に使い続けることによって、めまいや頭痛、吐き気などの様々な症状に対処できることが分かっており、本格的に健康対策を立てるなら、毎日摂り続けることをおすすめしますね。
参考:エクオールサプリメントは、あらゆる症状に適用

更年期に効くサプリの定番「エクオール+ラクトビオン酸」

エクオールと言う成分は、発見されてまだ日が浅いのですが、既に更年期障害に効果があると期待されており、定番のサプリになりつつあります。
それ以外だと、美容や便秘解消、ダイエットにも良いと言われていて、女性なら見逃せないものだと思います。
一方、ラクトビオン酸は、酸性のオリゴ糖で、同じく更年期障害や腸内環境を整える働きがあります。
この2つの成分を配合することにより、相乗効果でエクオールの働きをより良くしてくれるほか、カルシウムの吸収を高めてくれる効果があります。

「更年期障害」に効く成分について

改善効果がある成分はいろいろありますが、亜鉛や大豆イソフラボン、ビタミン系を中心に摂るようにすれば、更年期障害の対策にいいと思います。
特に大豆イソフラボンは減少したエストロゲンに似た作用を持ち、更年期障害の様々な不快な症状を改善するのに有効です。これらの栄養素を積極的に取り入れることも大切ですが、1日3食の食事をバランス良く、適量食べるということも更年期障害を乗り切ることに必要です。

更年期障害を予防・改善するための食品と食生活習慣とは

更年期障害を緩和するには、医療機関で治療を受けるほかに、身近な食品で栄養素を摂る事が大事です。具体的に更年期障害の症状の緩和には、「ホルモン」と「自律神経」に作用する栄養を摂ることが大事です。具体的に申し上げますと、ビタミンE、亜鉛、大豆イソフラボン、などがホルモンに作用します。ビタミンB1、ビタミンB12、ビタミンCなどの栄養素が自律神経に作用し効果があります。更年期の食事には、これらの栄養素をきちんと摂ることも大事ですが、重要なのは、バランスよく3食をきちんと食べることです。食事が偏ったり、食事を抜かす生活は自律神経を乱す原因となるます。

健康食品・サプリメントと更年期障害について

更年期障害の症状というのは鬱や精神的なイライラといった内面的な変化も多いので、他人からはその症状のつらさがわからないというようなこともあるものです。
ですから他人から分かってもらえないというつらさから更年期障害がさらに酷くなってしまうということもあるでしょう。できるだけ症状を軽くするためにも必要なのがホルモンバランスを安定させることができるサプリメントや食品です。サプリメントはドラッグストアなどで気軽に購入することができるので、薬にあまり頼りたくないという人にも良いものです。

当サイトオススメの更年期サプリ
吉形 玲美婦人科医師(医学博士)との共同開発 エクオール+ラクトビオン酸
エクオール+ラクトビオン酸
更年期専門ドクターとのコラボが実現!
ラクトビオン酸にはエクオールの働きを助け、さらにはカルシウムの体内吸収も向上させる効果もあるのです。