エクオールでできる生活習慣病の改善

更年期サプリ女性も40代前後の年齢となれば、さまざまな更年期症状に悩まされるものです。例えばコレステロール値や血糖値が上がってきたり、骨密度が低くなったりといった症状です。いわゆる生活習慣病につながる症状が多いですが、これらは女性ホルモンの分泌量が影響しています。
しかし、女性ホルモンの分泌は自分で思うようにコントロールできません。そこで活用したいのが、エクオールのサプリなのです。

エクオールは大豆及び大豆製品を摂取した際に体内で作られる物質で、体内で女性ホルモンと似た働きをしますが、人によっては作られないこともあります。
ですから直接摂取することで、どんな方でもその作用を実感できるのです。

手軽に摂取できるエクオールのサプリを活用することで、生活習慣病に関連する症状を改善することが可能となります。

エクオールで生活習慣病の改善が期待できる

エクオールは女性ホルモンの一つであるエストロゲンのような働きをするので、更年期障害の改善やしわができにくくなる、肌に鍼が出るなど、女性に効果がある成分です。
エクオールには、生活習慣病を改善することもでき、メタボリックシンドロームや骨粗しょう症にも効果があります。
女性の生活習慣病の場合、エストロゲンの影響を受け、血管が固くなることが多いです。そのため悪玉コレステロールの値が高くなり、動脈硬化をひきおこすこともあります。また、エストロゲンが減少することによって、代謝が低下し、脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。エクオールを摂取すると、骨密度の減少を低くし、悪玉コレステロールも減らすことができます。

ホルモンのバランスを整えるエクオール

スプーン1杯ホルモンバランスは身体を健康に保つために大切です。特に女性は少し分泌量が変わるだけで体調が悪くなるという程、切実な問題です。一生にスプーン一杯分ほどしか分泌されませんから量を調整するのは難しく、医学の力でも完璧に調整する事が出来ません。しかし日々の食事の中で改善していく事は可能です。女性ホルモンを似た働きを持っているのが大豆に含まれるイソフラボンです。このイソフラボンは体内に入るとエクオールという成分に変わりますが、このエクオールがポイントになります。大豆をそのまま食すのも良いですが、大豆の成分を抽出したサプリなども多く市販されており、そのサプリを継続的に飲む事で効率的にエクオールを摂取出来ます。

エクオールは女性ホルモンと似た働きをする

エクオールは、女性ホルモンであるエストロゲン様相の働きをする大豆イソフラボンのダイゼインとグリシチン、ゲニスチンのうちのダイゼインが腸内細菌のエクオール産生菌に代謝される事で産生される物質であり、エストロゲンの100分の1から1,000分の1の効果があるとされています。
女性ホルモンと似た働きをするので美容効果が期待される存在なのです。

更年期サプリ「エクオール」で便秘は解消できる?

特に女性が見舞われてしまいやすい更年期特有の症状と言えば、のぼせた様子や頭痛がイメージされますが、便秘に悩まされる方が多いのも事実です。
更年期とはあまりイメージが結びつかないのですが、自律神経が大きく乱れる事が関係しています。
そこで、飲用すると良いのはエクオールというサプリメントです。
エクオールは乳酸菌が含有されているので、腸内環境がより良い状態になるため、便秘の症状が改善します。
しかも、配合されている成分に関しては大豆イソフラボンが元になって作られているので、体内に元来存在しているエストロゲンと似ていて安心です。
参考:腸内環境を整えるなら、エクオールサプリメント

更年期の生理不順の見極め方

更年期障害とは、主に40代から50代の女性がかかりやすく何をするにも気力を失ったり、常に眠たい、また反対に人に対して攻撃的になったり否定的になったりと症状は千差万別です。
この更年期障害は女性におこる生理と密接な関係があり、更年期の期間は閉経前と後の約10年間を指しますから、年齢が40代にさしかかり、生理が何ヶ月も来ないままであったり、頻繁に来るなど生理周期がおかしくなったという場合には、更年期障害による生理不順である事が考えられます。
日常生活に支障を来す程の症状が出ている、もしくは周りに指摘された場合には、サプリで緩和できる場合があります。サプリには女性ホルモンの分泌を補う役目をしています。

更年期障害を発症しやすい年齢と治療について

更年期障害を発症しやすい年齢としては、女性の場合は45歳から55歳くらいで、この間には閉経が訪れるのが一般的です。
男性の場合は閉経はありませんが、やはり40代の後半にかけて、このような心身に対する不調が出やすくなると言うのが一般的です。ただしこの年齢には個人差があり、もっと早い人もいれば、もう少し遅い年齢になってから発症すると言う人もいます。
更年期の治療としては、女性、男性問わず、まずは生活リズムを整えたり、適度な運動習慣を持つことなどが求められます。
ホルモンの分泌を整え、同時に自律神経の働きを整えるためです。症状の度合いが重い場合には、ホルモン療法や治療薬を使用した治療法が取られることもあります。

更年期障害の症状を確認しましょう

今更ですが「この症状が更年期障害」と、いうことをおさらいしましょう。

症状が出始めるのは年齢で言えば、個人差がありますが、40歳~55歳くらいですね。
まずはこの年齢になったら気にかけましょう。

こんな症状がある方は更年期障害かも
・汗をよくかく
・顔全体がほてる。腰など、手足が冷える
・動悸、息切れがする
・イライラしたり、くよくよしたり、起こりやすくなった
・疲れやすくなった!腰痛や手足に痛みを感じる

上記のような症状に心当たりがある方は、医療機関を受診してみましょう。
更年期障害がはじまった可能性があります。

女性にとっては、自分が更年期障害ということを認めることは厳しいものだと思いますが、女性なら誰にでも訪れることなのです。あまり重たく考えないようにしましょうね。