大豆イソフラボン
日本人の約半数の人が体の中で「エクオール」を作ることができないのです。
日本人の半数ほどがもっていないからといって諦める必要はありません。手軽に摂取できる方法がありますので、体に必要な成分をしっかりと補給するとよいです。
そのおすすめがエクオールサプリメントですね。

エクオールを作れない人が若い世代に増えている理由

更年期障害の症状を緩和してくれたり、若々しい肌や髪の毛を作ってくれたりする成分として注目を集めているのが、女性ホルモンの働きを補う事が出来る成分、エクオールです。体内で作る事が出来る人もいるのですが、作る事が出来ない人もいます。作る事が出来ない人が若い世代で増えているのですが、その理由として考えられるのは、食生活の変化です。昔に比べて、大豆製品が食卓に上がる頻度が少ない家庭が増え、食物繊維の量も不足しがちな人が増えています。すると、エクオールが体内で上手く作られない状態になってしまいます。
エクオール成分を作れない場合はサプリで補うようにしましょう。

エクオールと女性の健康について

エクオールは女性ホルモンと似た働きをすることから女性の健康を維持させるために効果があるといわれています。ただ人によってエクオールという物質を作れる人と作れない人がいます。まずは検査をしてつくれないとわかったうえで、サプリで摂取するとより効果があります。自分の健康管理のためにも検査をうけることは必要です。

更年期障害の自己チェックについて

更年期障害の自己チェック!家庭での対策法
更年期障害のチェックは新しく何かをするということでなく、症状で自己チェックすることができるので家庭でも簡単に確認することができます。
更年期障害の症状でよくいわれているものに、肩こりに疲れやすい、イライラやめまいがするなどがあります。ですが、そういった辛さを伴う症状がなくても更年期障害になっている場合があり、それは顔や身体がほてったり、あせをかきやくなったり、さらには息切れに動悸といったものがあります。ですが、やはり何か違う病気の場合もあるので医療機関で診てもらい更年期障害であると確定したほうが安心です。家庭での対策方法は、ストレスをためないことやバランスの良い食事を心がけることなどがあります。特に食事では亜鉛やビタミンEは効果が期待できるので摂取するように心がけことが望まれます。