尿検査更年期に入る前に受けておきたい検査に「エクオール検査」があります。「エクオール検査」とは、ソイチェックとも呼ばれ、尿検査でわかる検査です。エクオールは更年期障害をサポートしてくれる代謝物であり、女性の更年期障害を軽減してくれる役割があります。
自分が作り出すことができるのかどうかを知り、作り出せるのであれば大豆製品を積極的に摂取しましょう。作り出せない場合はサプリメントで補うと良いとされています。

エクオール検査の方法とは

まず、エクオール検査セットの入手方法です。ネットから注文できます。大手通販サイトでも扱っていますし、直接、会社から取り寄せる事も出来ます。当日の朝、起きてから最初の尿を採って、セットの中に入っているプラスチックの蓋付き容器に入れて、郵送すれば良いだけす。返信用封筒もついているので、郵送料はかかりません。エクオールは、体内でイソフラボンから作られるので、前日に大豆食品を食べておくことが必要です。お豆腐なら半丁、納豆なら1パック、豆乳なら200ミリリットルくらい。あとは、検査依頼書に氏名と連絡先とアンケートを記入して返送すれば、エクオール検査が郵送で結果が送られてきます。

エクオール検査でわかること

エクオール検査でわかることは腸内に大豆イソフラボンをエクオールに変換できる細菌が存在しているかどうかです。この細菌が存在するかどうかは子供の時に決まってしまい、新たに増やすということはできません。また、存在していたとしても加齢や食生活により、エクオールを作れなくなる場合もあります。そのため検査で細菌が存在していたから安心というわけではありません。

エクオール検査をするときの目的とは

エクオール検査を受ける目的は、自分の腸内にエクオール産生菌が存在するかどうかを確かめることです。エクオール産生菌が生み出す栄養素のエクオールは、スーパーイソフラボンとも呼ばれる成分で、美容と健康に役立つ大豆イソフラボンよりも効果が高いといわれています。
エクオール検査は尿検査なので、手間も負担もかかりません。エクオール検査では、存在の有無だけではなく、どれだけのエクオールを産生できるかの期待値も求めることができます。

医療機関からのアドバイスとエクオール検査

最近では、医療機関にて「エクオール検査」を実施しているところが増えているといいます。この「エクオール検査」は尿を採取して行われるもので、医療機関で検査をしますと、結果を見ながら患者さんの身体の症状にあわせて医師からのアドバイスを受けることができますから、医療機関を訪れて尿検査を受けられてはいかがでしょう。
「エクオール検査」の結果によっては、女性ホルモンに似た働きを持っている、エクオールという成分を補うことを提案してくれて、手軽に摂取しやすいエクオールを含んだサプリメントを選んでくれますから、相談されてはいかがでしょう。

エクオールの効能をより実感するためのポイントとは

エクオールの効能をより実感するためのポイントとして、毎日の摂取量をきちんと守ることはもちろんのこと、副作用のリスクを低下させるために、かかりつけの医師の診断を定期的に受けることがおすすめです。
最近では、美容成分がたっぷりと含まれているエクオールのサプリメントを利用している若い女性が少なくありませんが、様々なタイプの商品の効果の現れ方に注目をすることがとても大事です。

エクオールの効能で自律神経が整う?

エクオールとは、大豆イソフラボン由来の成分で、女性ホルモンと似た効能をもつ優れものです。大豆イソフラボンが腸内細菌の力を借りて変換され作られるのがエクオールなのですが、実際に体内で作ることができる人は日本人女性の2人に1人しかいません。サプリを摂取することで、自律神経の乱れが改善していくのが感じられます。