エクオールとラクトビオン酸の働きとは
評価する 総数3
4

ラクトビオン酸更年期障害に効果があると言われるエクオールと、ラクトビオン酸の働きとは、どのようなものなのでしょうか?更年期障害を緩和するサプリメントに、この2つはよく含まれています。更年期障害はエストロゲンという、女性ホルモンの分泌量低下が原因とされています。この更年期障害を和らげる成分が、大豆イソフラボンを摂取した時に腸内で生成されるエクオールです。減少した女性ホルモンの代用として使われ、更年期障害の症状を緩和します。オリゴ糖の一種であるラクトビオン酸を同時に摂取すると、エクオールを活性化させ、効果を高めます。

エクオール+ラクトビオン酸を飲んだ方が良い症状とは

エクオールは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをする成分です。大豆イソフラボンに多く含まれています。
一方、ラクトビオン酸とは乳製品などに含まれているもので、特にカピス海ヨーグルトに多く含まれています。乳製品の中に含まれるラクトースを酸性のオリゴ糖に変換しエクリオールがつくられやすい環境をつくります。それぞれ単体で摂ることでも効果がえられますが、組み合わせることによってパワーが強化されます。

では、どのような症状に効果があるのでしょう。エストロゲンが減少し、それによって引き起こされる体の不調、なんとなくだるい、顔がほてる等々。それに加え代謝がおちることによって太ってきたり、また薄毛になったりと様々な変化が出てきます。
エクオールとラクトビオン酸を簡単に摂れるサプリメントも販売されています。更年期症状の改善のみならず骨粗鬆症や生活習慣病の予防にも効果を発揮しており、ゆらぎ世代の女性の強い味方となっています。

エクオール+ラクトビオン酸はカルシウムの吸収アップをサポート!

更年期障害ってめんどくさいですよね。女性としては「女」を卒業するような少し寂しい気持ちになっちゃいますからねー。それでも症状を緩和させることが必要なのでここがめんどくさいところなんです。エクオール+ラクトビオン酸が症状を緩和させる効果が高いとされていて人気で注目されています。エクオールにはエストロゲンと一緒の働きがあって、一方ラクトビオン酸は乳製品、特にカピス海ヨーグルトに多く含まれ、エクオールが作られやすい環境をつくります。またカルシウムを水に溶けやすくする性質があり、体内での吸収アップをサポートする働きがあります。

生理不順のときに試したいエクオール+ラクトビオン酸

エクオール+ラクトビオン酸といえば更年期症状に対するものと思いがちですが、女性ホルモンの不足による症状に起因するもの、生理不順や不妊症という悩みに対しても効果を発揮しています。この商品は産婦人科医師と共同開発されたもので大いに期待を寄せられています。
エクオールは大豆イソフラボンより作られた、女性ホルモンに似た働きをするものです。大豆イソフラボンは体内でいくつかの腸内細菌の関与により生成されますが、ここで効果的に関与するのがラクトビオン酸です。
エクオール生成は個人差があり、体質的にこれがなされるのは日本人では約半数と言われています。確実に摂取できる方法としてサプリメントが有効です。