ホットフラッシュが起こる頻度

「ホットフラッシュ」という症状は、急に顔がほてったりのぼせた状態になったり、大量の発汗があったりという症状です。普通はこういった症状は激しい運動をしたり精神的に動揺したときに起こりますが、ホットフラッシュはそれとは違い、血行不良が原因です。血液の流れが滞ったからと体が血の量を増やそうとして大量の血液が流れ込み、そのためにのぼせやほてりなどの症状が出てくるのです。
ホットフラッシュが起こる頻度については、人それぞれ個人差があって起こる頻度に決まりはありません。1日に何回も来る人もいれば、月に数回って人もいます。多い方だと10分ごとにって人もいるそうです。

ホットフラッシュと更年期の関係

体は寒いのに、急に上半身だけ熱くなり、汗ばんだりするのが更年期の症状のひとつです。
自分では、制御できないので汗に困ることになります。
これは「ホットフラッシュ」と言われるもので、更年期が大きく影響しています。
更年期の発症は、気まぐれな感があります。いつ起こるかは分からないものなのです。ですが、原因は分かっていて「ホルモンバランス」が影響しているのです。若い時は、女性としての成長を助ける働きがあって、これが年齢とともに減少することによって、バランスを崩すといったことになるのです。
その結果、体温調節が上手くできないことや、血管の収縮や拡張の機能に支障を及ぼすと、ホットフラッシュになります。

更年期障害の症状「ホットフラッシュ」

うつ状態更年期障害とは、女性の性成熟期から老年期への移行期において、頭痛やめまい、動悸やイライラ及びうつ状態などの様々な症状が現れることを指します。ホットフラッシュもまたそのうちの一つで、急な顔のほてりや発汗、のぼせなどが現れるものです。ホットフラッシュの原因は女性ホルモンの減少で、それにより慢性的な血行不良が起こり生じます。通常はこのような状態は精神的な動揺や激しい運動などにより生じますが、更年期障害においては周りの環境や自分の意思とは無関係に起こります。ホットフラッシュの原因にはホルモンバランスの乱れの他にも、ストレスやダイエットなども挙げられます。この症状を気にしすぎてしまうとかえって悪化してしまうことがあるため、あまり気にしすぎないようにすることが肝心です。

汗が止まらなくて気になる人におすすめのエクオール

汗汗が止まらないという更年期の症状があります。ホットフラッシュのことですね。更年期になると多くの方がこの症状に悩まされていてエクオールサプリで対策を行っているという女性が多いのです。このエクオールというのは失ったイソフラボン成分の代わりとなって体内で活躍して、ホットフラッシュだけに有効ということでもなくて更年期障害の症状全般に大きな働きがあるのでおすすめなのです。汗が止まらないならエクオールを摂取してみましょう。

のぼせに効果がある更年期サプリ

更年期障害と一口に言っても、現れる症状はひとそれぞれ異なります。更年期サプリを選ぶという場合には、自身の症状に合わせたものを選ぶ必要があります。更年期障害の症状の中で、最も多くの人が経験するのが、ホットフラッシュと呼ばれるもので、のぼせやほてり、大量の汗をかくということが特徴です。
更年期サプリで効果があるとされているのは、プラセンタや大豆イソフラボンのサプリが有効とされていますね。

更年期障害の症状はサプリでそのくらい改善できるの?
更年期障害の症状を薬に頼らずに改善したいという方は、やはりサプリメントでしょうね。これまではイソフラボンを主成分としたサプリメントに効果が期待されていましたが、最近ではイソフラボンより効果の期待できるエクオールを主成分としたサプリメントが多く販売されています。エクオールはイソフラボンを原料として体内で作られますが、すべての方が作れるわけではないため、直接摂取することが効果的と言われており、不足しがちな成分を補うことで更年期の不快な症状を和らげる効果が期待できます。
効き目には個人差がありますが、薬に頼らずにすむ症例も多く見られます。

ホットフラッシュと更年期障害の特徴は

ホットフラッシュの特徴は、首から上が突然暑くなり、汗が噴き出してくるのです。それが一日に何度も起きたりします。ほかの人が何食わぬ顔で生活をしているのに、自分だけが暑さを感じ、汗まで掻いているのがとてもつらいと感じる女性も多いです。ホットフラッシュのほかに、だるくてなにもできなくなったり、意欲がなくなったり、外出できなくなるというケースもあります。このように、人によって程度が違いますが、体調が悪いと感じるのが更年期障害の特徴です。

更年期対策、ホットフラッシュの治療

ホットフラッシュとは、更年期障害になった場合に起こる症状のことで、多くの女性が悩まされているのです。体がほてったり、のぼせている状況が続くと集中力も低下してしまうため、その対策と治療方法について知っておくと良いでしょう。この症状になっても、体内に女性ホルモンをしっかりと補充できれば緩和できます。そして、突然のぼせたら、首から上を何らかの方法で冷やすようにすればいいのです。体がほてった時のために調整しやすい衣服を着ることもポイントです。

また、カフェインや刺激が強い香辛料はホットフラッシュの症状を強くする恐れがあるので控えた方が良いでしょう。他にも細かい対処方法がありますが、それはまた、追々載せていきます。

ホットフラッシュで汗をかく場所

ホットフラッシュで汗をかく場所は、上半身が多く、首全体や首の後ろ、背中、ワキの下、胸などに一度に発汗をすることが多いです。下半身には冷えを感じていることが多いです。暑い日の発汗とは違って、臭いの強い汗をかく傾向があります。体が熱いと冷たい飲み物を飲んでしまいますが、体を冷やすのはよくないので、温かい飲み物を飲むようにしたり、入浴で体を温めることが大事です。汗をかく場所は、顔や首、こめかみなどが多いので、こまめに汗を拭き取るようにしましょう。

ホットフラッシュの肌着の選び方

ホットフラッシュは汗を大量にかいてしまうため、快適に過ごすには肌着の選び方がポイントになります。汗で湿ったままの状態でいると、ホットフラッシュが治まった時に冷えて体温が奪われてしまうので、速乾性の高い素材を選ぶようにします。
汗をかいた後のニオイ対策も重要です。消臭加工や抗菌防臭効果が施されている肌着にすると、汗をかいた時や洗濯物が生乾きの時に発生するような嫌なニオイを軽減してくれます。ホットフラッシュで短時間にたくさん汗をかいてしまうと、シャツなどに汗ジミが浮き出てしまう心配もあります。汗の量が多い場合には、ワキ部分のパットが大きい物を選ぶと吸収力が高まるので安心です。汗がアウターに染み出てしまわないように、十分に汗を吸収できて、速乾と消臭や抗菌効果が得られる素材選びをすると、大量に汗をかいても慌てることなく清潔感をキープできます。

ホットフラッシュに効果的な運動

ホットフラッシュに有効な運動をいくつか紹介します。更年期に入っている方は、激しい動作は体に大きな負担をかけます。ですので、軽めの運動で済ませるようにしましょう。
ウォーキングやサイクリングはホットフラッシュを抑えるのに非常に効果的です。日常の中で歩くことや自転車に乗る機会は多いですので、是非実践してみましょう。また泳ぐことも体に負担をかけずおこなえるのでお勧めです。泳がなくてもプールの中を歩くだけで、ただ道を歩くのに比べ効果に期待が出来ます。

ホットフラッシュは体温調節だね

「ホットフラッシュ」の対処法には、身体があつく感じたら服装で体温の調節をこまめにすることや、冷却するグッズなどを使用して、瞬間的に身体を冷やしてみるのもいいでしょう。さらには、食事や適度な運動、自律神経のバランスを整えるために、生活習慣を見直してみることも大切になります。女性には必ず訪れること。苦しむことなく楽に乗り越える方法が必ずあります。更年期用のサプリメントも予防や、改善といったものに優れていると思います。少しでも和らぐなら摂った方が良いと思いますね。

当サイトオススメの更年期サプリ
吉形 玲美婦人科医師(医学博士)との共同開発 エクオール+ラクトビオン酸
エクオール+ラクトビオン酸
更年期専門ドクターとのコラボが実現!
ラクトビオン酸にはエクオールの働きを助け、さらにはカルシウムの体内吸収も向上させる効果もあるのです。