女性の更年期の特徴

更年期障害はある年齢になると訪れるといわれています。なかには若年性って方もいるようですが、多くの方は40代から50代後半くらいにその障害が見えはじめるのです。
この時期になると子供が独立したり、夫が定年を迎える等生活面でも変化が訪れます。そのような精神的ストレスも加わって起こることも有ります。主な身体の特徴は、ほてりや動悸、めまい等ですが、精神的な面ではイライラや不安、うつといった症状があります。
これらの症状を和らげるにはサプリを飲んで改善させることがいいと思います。摂りたい必要な成分がピンポイントで得られるし、サプリなら薬ではなく食品なので安心な上、どこにでも持ち運べるのでとても助かります。

そのめまい更年期かも。女性に多い悩み

更年期障害を症状から考える。個人差はありますが、その症状を迎える年齢は一般的に45歳くらいから始まるようです。これは大まかな年齢で、これより早い場合、遅い場合ってこともあります。生理があっても、生理が止まる前後5年が更年期障害の症状が出るといわれていて、40代を迎える頃から、体の不調を訴える女性も多いです。
自己チェック法として、体の症状としては、疲れやすくなる、ホットフラッシュ(顔や上半身が熱くなり、汗が流れるようにでる)、肌の乾燥、肩こり、耳鳴り、めまい、体重の増加などがあります。精神症状が出る方もいます。鬱っぽい状態が続いたり、気が沈みがちになります。このように、症状の出方は、人それぞれ個人差があります。
更年期を迎える年齢になったら、自己チェックを行い、更年期について向き合い上手に付き合っていくことが大切だといわれています。

更年期の症状。動悸で胸がドキドキする

階段の上り下りや運動をした時のような、鼓動が激しくなっている状態が普段から続いている動悸は更年期になると起きる症状です。原因は、ホルモンの低下による自律神経の乱れとされていて、呼吸や心臓機能の調整がうまくいかなくなり、息苦しくなったり、心臓がドキドキするなどの症状が現れます。
このような症状が起きた時には、深く呼吸をして意識的に不調を解消しますが、更年期障害の原因であるホルモンのバランスを整えるようなサプリメントを補助的に使うことも効果的です。サプリメントには女性ホルモンと同様の働きをする成分があり、不調の緩和に役立てられます。ストレスや不安なども呼吸や心拍数が乱れる原因になるので、不調を感じたらリラックスして深呼吸を心掛けましょう。

更年期障害における発汗の仕方

更年期障害は、40代後半あたりから症状を感じ始める女性が多くなります。更年期障害での発汗の仕方は特徴的で、流れる汗ではなく、皮膚からじわっと浮き出てくるような汗です。こういった症状を感じたらサプリなどを活用してホルモンバランスの安定を図りましょう。漢方のサプリなどは特に効果が期待出来ます。

更年期の生理不順について知っておきたいこと

生理不順更年期が近づいてくると、今まで順調だった生理の周期が乱れてきたり、今までは5日ほどで祝っていたものが2週間も出血が続くなどおかしいな、と感じることが増えてきます。これは卵巣の働きが低下してきている兆候であるともいえ、閉経が間近になっていると考えられます。日本人女性の閉経は平均で50歳と言われており、その前後各5年間を更年期と呼んでいます。知っておきたいポイントとしては、まず生理周期が短くなったと感じるのが閉経の最初の兆候です。30日周期だったものが25日になったというような後、生理の長くなってきます。そしてその感覚が1年以上経過した場合、医学的に閉経と呼ばれるようになります。

更年期の閉経前後に多い悩み

更年期の閉経前後に起こる症状について少しお話したいと思います。
排卵が徐々になくなっていくにつれて、生理周期も乱れ、2日ほどで終わるかと思えば逆に2週間続いたりと、極端な生理不順になります。生理不順を数回繰り返して、やがて閉経を迎えますが、その前後は、すぐにイライラしたり落ち込んだりと情緒不安定になる他、ほてりやめまい、冷え症、手足のしびれ、頭痛、腰痛、全身の倦怠感など、様々な症状に悩まされる方が多いです。

更年期の生理周期(月経周期)はどう変化していくの?

更年期は閉経の前後各5年のことを言いますが、実際に閉経しなければはっきりと更年期だということはできません。更年期は卵巣の働きが低下するため生理周期に大きく影響を与え、変化が生じてしまいます。まず、生理周期が短くなります。今まで30日だったものが25日になったり、27日だったものが23日になります。今まできちんと周期的だったものが乱れてきたな、と感じたら閉経が間近になってきた印でもあります。

更年期の生理の異常?閉経前の兆候?

更年期障害は女性ホルモンの分泌が減少することで起こる自然な現象です。そして、生理にも変化が起こります。今まで約1か月に1度に来ていた生理の周期が異常を起こし始めます。周期の間隔が長くなった思ったら、短くなったりなどの不順な生理周期が起こりはじめ、徐々に間隔が遅くなって結果的になくなっていきます。
更年期は約10年ですが、その中で2,3年の不順を経て終わるというのが一般的です。個人差があるものですが、周期の乱れが起きたら病院で診察してもらうことで、自分の体の状態が把握できます。

疲れやすいと感じたら更年期サプリを

更年期の症状は、ひとそれぞれ違いますが、更年期サプリを飲むことで症状を緩和させることができます。
更年期サプリは薬ではないので、確実に更年期の症状に効果があるとはいいきれませんし、本当に症状がひどい場合には、医療機関を受診した方がよいかもしれません。ただ、忙しくてなかなか病院に行くことができない人や、疲れやすいなど症状が軽度な場合には、サプリメントが効果的です。
更年期サプリを選ぶ時のポイントとして、更年期症状の緩和に期待できる成分が入っていることや、続けていける価格であること、保証がしっかりしていることなどが重要です。
サプリメントは、徐々に効果を発揮し、継続して飲む必要がありますから、飲みやすくて続けていくことができる価格ということも重要なポイントです。

更年期のイライラを落ち着かせるサプリメント

イライラを落ち着かせる更年期障害は多くの中年女性が経験する辛い症状ですが、それは体だけでなく心の安定も乱すことが多いものです。
更年期は女性ホルモンの低下が原因となりますが、その女性ホルモンは心を安定させる効果があるのです。そのホルモンが減ることで心の安定が乱れイライラすることが多くなるのです。この症状を改善するには、サプリメントなどで女性ホルモンの分泌を促すことが必要です。サプリメントはその成分の他、必要な栄養素が一緒に配合されていることが多く、それによって体に栄養が行きわたり心身ともの不調が緩和されていきます。それにプラスして、バランスの良い食生活や適度な運動、良質な睡眠を心がけることが更年期を乗り切るコツです。

更年期のうつ症状に効くサプリとは

更年期のうつ症状に効くサプリの特徴として、安全性が高いことはもちろんのこと、心を落ち着かせる成分が含まれていること等が挙げられます。
そして、更年期を対象にしたサプリメントなら、ほとんどがうつ症を緩和させる働きがあると思います。個々に試してみて効果があるものをちゃんと選びましょうね。