女性にとって非常に辛い時期である更年期に起こる更年期障害のメカニズムをご存じですか。
更年期は、女性の一般的な閉経の年齢が50歳とされることから、その前の5年と後の5年を合わせた期間であるとされています。
つまりおよそ10年もの間、女性はホルモンのバランスの崩れによる変化を抱えているというわけです。
女性ホルモンであるエストロゲンは、卵巣で作られます。
ですから、年齢とともに卵巣機能が衰え、エストロゲンの分泌が減り、それによって様々な体の変化が現れるということなのです。
分泌が減るのを妨げることはできません。
しかしサプリメントなどを使って、不足している栄養素を補うことはできます。
サプリメントで栄養補助をして症状を緩和させながら、辛い更年期障害を乗り越えてください。

更年期障害の症状の緩和にエクオール

更年期障害イライラ更年期について個人差がありますが、多くの人が感じているのはホットフラッシュと呼ばれるのぼせやほてり、イライラといった気分の落ち込み、肌のかゆみや乾燥、頭痛や肩こりがあります。
これらの症状は家族構成の変化や環境の変化、ストレスも関係していますが、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することによって起こっています。
エストロゲンと言われる成分と同じ働きがある「エクオール」をご存知でしょうか?この成分は良いですね。同じ役割を果たしてくれることももちろんポイント高いのですが、美容効果が優れているので女性としては嬉しいアイテムではないでしょうか。

更年期障害の症状はサプリでどのくらい改善できるの?

更年期障害の症状はサプリを摂ったからといって絶対効果が出るとは限りません。その効果は出る人出ない人といて、改善もゆっくりもあれば速攻って方もいますから、何とも言えないものですね。とりあえず、自分に合うサプリを探すしかないと思います。そして、効果が出る方は少しづつそのトラブルが改善されることでしょう。

更年期に飲んではいけないサプリってあるの?
更年期に飲んではいけない種類のサプリとして、化学成分が含まれているものや、効果が強力なものがあります。
では、どれ?ってことになるのですが、購入前にサプリの成分表などを確認することが必要になりますね。インターネットを活用してしっかり調べてから選びましょう。

更年期障害によって引き起こされる病気

更年期障害によって引き起こされる病気があります。それは高血圧や高脂血症がまず一つあげられます。そして婦人科系の癌なども更年期障害が一つの引き金になるとも言われます。もう一つ大きな病気に、うつ病ということがあげられます。
精神状態が不安定なときに起こる症状が、うつ病です。改善方法としては、処方される薬を飲むとか、リラックスできる環境で生活するとか、いろいろとあります。中でもサプリメントは、更年期を乗り切るために必要なアイテムと重宝されていますから、症状を改善することに使えると思います。

更年期障害による脇汗の対策

更年期障害で汗に悩む人は少なくありません。女性ホルモンが低下することで自律神経のバランスが悪くなるのが原因で、特に脇汗は目立つため悩む女性が多いものです。
まず、はじめの対策としては、汗がばれないような服装ですかね。あとは脇汗パットといったところでしょうか。外側はこんな感じでイイと思います。問題は内側のほうで、これはサプリで対応したほうがイイと思いますね。更年期特有の冷えや腰痛などの体の不調、不安感やイライラ感などの心の不調も改善してくれます。また髪や肌を美しくしたり太りにくくなるなど、美容効果もあります。

更年期障害と消化器との関係

更年期障害には様々な症状が現れますが、中には消化器に問題が出る場合があります。
胃や腸の機能は自律神経の働きが大きく関わってくるものですので、更年期障害によってホルモンバランスが今までと変化していく過程で自律神経のバランスが乱れてしまうと胃や腸に悪影響を与えることとなるのです。
また生理前後に下痢や便秘、悪心などを起こしていたというような方は、もともと、ホルモンバランスに胃腸が影響を受けやすいタイプであるため、更年期時にもそうした症状が現れやすいといえます。
このような更年期障害による消化器の不調にはサプリメントで対策をとることがおすすめです。
ホルモンバランスを整える作用のあるサプリメントのほか、善玉菌がたくさん増えるような食品も食べるとよいと思います。

更年期からくる「肩こり」問題について

肩こりに悩まされている女性も多いことでしょう。肩こりの原因としては血流の悪化、また、筋肉が硬くなることでも起こることがあります。また、更年期の時期では、女性ホルモンが減少し、その影響で血流の悪化がみられることがあります。そのため肩のこりがでてしまうことも考えられます。ですが、更年期障害としてのほかの症状などがでていない場合には、別の原因で肩のこりが生じている可能性もあります。
定期的にストレッチやマッサージなどをしてこりをほぐし、また、血流の改善を心がけるようにして、肩のこり対策をしていくことも重要です。