更年期障害は意味もなくイライラするという代表的な症状がありますが、その他にも多くの不調をもたらします。
そもそも更年期障害はホルモンバランスの問題で起こるわけですが、女性ホルモンは代謝機能も司っているので、この時期に代謝が一気に落ちて肥満体になってしまうという事も考えられます。
更年期の症状も改善しながら肥満も同時に解消させるには漢方のサプリが有効です。
漢方は血液の流れを安定させて栄養の補給と老廃物の排出をスムーズに行うための体質を作り出すことが出来ます。
漢方のサプリは応急処置ではなく、根本から身体を健康にしていく働きがありますから、決定的な解消方法のない更年期障害には最適と言えるのではないでしょうか。

エクオールのダイエット効果について

ダイエット効果エクオールのサプリは、大豆イソフラボンが含まれており、腸内環境を整える効果があります。

腸内環境が整えると、代謝がよくなります。
代謝が良くなれば、基礎代謝があがります。
代謝が上がることで、ダイエットには効果があります。

また、腸内環境を整えることで、ダイエット効果ももちろんのこと、美肌効果にも、がん予防にも効果があります。
基礎代謝を上げることが重要です。その基礎代謝を上げるのを、手助けしてくれるのが、このエクオールのサプリです。体内環境を整えて、痩せることができるので、オススメです。

食品でエクオール生産菌を増やすことはできるの?

エクオールは、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが腸内細菌に代謝される事で産生される栄養素なので、乳酸菌を含むヨーグルトやチーズ、漬物、キムチ、ビフィズス菌の栄養源となるオリゴ糖を多く含む玉ねぎやキャベツ、ゴボウ、トウモロコシ、イモ類、食物繊維を多く含む干しシイタケや豆類、切干大根などの食品を積極的に食生活に取り入れる事で腸内環境が整えられ、腸内に既にいる産生菌の増殖を促進してエクオールの産生量を増やす効果が得られます。
又、食生活の改善だけで無く、ウォーキングや軽いストレッチによるデトックス効果に加え、腹筋や背筋、腸腰筋、大腰筋などを鍛える事で大腸のぜん動運動を活性化する事でも腸内環境を整える効果が得られ、エクオールの産生量を増やす事が出来ます。

更年期障害に良い食品「大豆」について

ある年齢になると、体内で失われたエストロゲンが原因で更年期がはじまってしまうのです。
ですから不足してくる時期にエストロゲンを補給する必要があります。
食品でこのエストロゲンに似た性質を持っているものに大豆イソフラボンがあります。これは豆乳や納豆などにも含まれているので更年期障害の予防のためにも日々の食事の中に組み込んで行くことが大事です。理想は1日に40mgから50mg摂取することです。

更年期障害の予防になる食品は?

「大豆」以外で更年期障害の予防になる食品はこんな感じですかね。
らっきょうやかぼちゃやナスといった普通に食べているものも非常に効果的な食べ物になるので、インスタント食品のようなもので済ませなければ更年期障害になりにくくなります。