40代のイライラの原因。プレ更年期って?原因と対策

イライラ
つらい更年期、どんな対策をしていますか?更年期は閉経が起こるその前後が時期だといわれていて、更年期障害の症状が起こる期間は平均だと40代から50代後半ごろとされていますね。
しかしそれよりも早く更年期と似たような症状が起こってしまうことをプレ更年期と呼びます。イライラしてしまうことが増えたという人は、その原因はストレスによる自律神経の働きの乱れだと言われています。
身体の各器官を正常に働かせる働きがある自律神経の働きが乱れるとホルモンの分泌バランスも乱れてしまうため、肉体的にも精神的にも影響が及んでしまいます。これが原因で起こってしまうのがプレ更年期なのです。

プレ更年期のせいだった?!アラフォー女性イライラしたり落ち込む理由

更年期にさしかかる40代にさしかかると、イライラや気分の落ち込みに悩む女性も多いでしょう。アラフォー女性は、まだ更年期には早いと感じていても、身体は日々変化しています。40代を迎える頃から、女性ホルモンのバランスが変化して、エストロゲンが急激に減るためです。
プレ更年期は、30代後半から始まる人も多く、イライラしたり落ち込むのは、ホルモンのバランスが乱れるためです。理由がわからないのに、精神症状が出てきている時は、身体の変化が起きていることを把握して、生活習慣を見直すことも大切です。

どうすればいい?更年期のイライラを一人で鎮める方法

女性は更年期障害になると症状の1つとしてイライラする事があり、徐々に回数が増える傾向にあります。その結果、人に当たってしまい関係を悪化させてしまう事も少なくありません。更年期障害はそのまま放置しておくと悪化する事も十分にあり、予防や改善方法を見つけていく必要があります。まずイライラを一人で鎮める方法として自分が好きなアロマの香りを嗅いでリラックスをすることや趣味を楽しんだり、また外出するように心掛けることで改善の効果を実感する事が可能となります。また円満な家族や知り合いと絆を築いていくためにも周囲の配慮も必要になると考えられます。

イライラ・怒りっぽい…更年期障害の症状を緩和するために出来ること

女性は50歳くらいになると閉経が近くなります。そして、子どもが巣立ったりなどの家庭環境の変化、仕事でキャリアを積んで、重要な役が回ってくる等の様々なストレスもあり、体調、気分が不安定になりやすくなります。それを更年期と呼びますがそのイライラなどを緩和する方法があります。漢方やサプリも役に立ちますが、気分が明るくなると自然に症状は緩和されるので、ショッピングにいったり、食事に行ったりするとよいです。また家族が家事を手伝ったり肩もみをしてみたりと、優しく接することで更年期は楽に脱出できるので、家族も協力しましょう。

更年期にありがちな暑くて寝れない悩み

女性の人生の中には、避けることができない更年期というがあります。
その症状は、千差万別で個人差が大きく一口で言うことはできません。
また、自分では意識していない間に更年期に入っていることは意外と多くあります。
夏でもないのに、暑いと感じる症状も実は更年期にはあります。
そのせいで、夜に寝れないということもでてきます。これは、よく言われている「ホットフラッシュ」とされるのぼせ現象です。
軽度なら心配はありませんが、ひどく不眠の原因になる場合には医師に相談をすることです。
最近は、症状を緩和させるための治療も進んでいます。

暑い!寒い!という体の不調、更年期の可能性も

周りの人は涼しい顔なのに異様に暑い、自分だけ急激に暑くなって汗が止まらない。気温は低くないのに寒い、寒気がきて手足が冷たくなったまま温まらない。このようなことが度々起きたなら、更年期の症状かもしれません。
更年期は症状の強さに差はあっても誰もが通る時季です。症状が治まったあとの時間を健やかに過ごすためにも、これまでの生活を見直しながら自分に合った対象法を見つけて、やり過ごしましょう。
サプリメントや漢方薬などを摂るようにするといいと思います。食事やホルモン治療という方法もありますが、早い効果を得たい方は健康食品がおすすめです。

更年期特有の暑い症状におすすめの対策

年齢を重ねるとホルモンの分泌が急激に下がり自律神経の乱れを起こすことがあります。
更年期が起こるタイミングがこの時期で、人によっては深い闇の中に陥ることもありますから、更年期は軽く考えないほうがいいと思います。そして、その症状の中に「ホットフラッシュ」と言われるものがあって、突然体が暑くなり大量の汗を起こさせるのです。
この暑い症状の対策としては、ウェットティシュや保冷材で冷やすことや、適度な運動をすることで体内循環を良くすること、刺激物を控える、体温調節のききやすい服装を心がけるなどがあります。また、そういった更年期障害の症状を抑える漢方薬や女性ホルモンと似た働きを持つ成分のサプリなども有効です。

更年期のほてりと発汗(ホットフラッシュ)に効く漢方薬

更年期障害のほてりや発汗(ホットフラッシュ)に、漢方薬は有効といわれています。更年期障害に有効な漢方薬はたくさんありますが、とくにほてり、発汗などに効果的だとされています。いくつかご紹介しますね。

「加味逍遙散」というものがあります。読み方は「かみしょうようさん」で、更年期障害の代表的な女性特有の症状に、よく処方されています。血行を改善して代謝アップによりホルモンバランスを整えることで、ホットフラッシュ、イライラ、抗うつに有効です。
次に「女神散」というもので、読み方は「にょしんさん」ですね。比較的胃腸の強い方で、更年期によるめまい、ほてり、のぼせに有効です。

他にもいろいろとありますが、代表的なものだと、この2つが有名ですね。更年期の対策として使うなら、この2つからはじめてみるほうが良いと思います。