若年性更年期障害とダイエット

過度なダイエット女性が無理なダイエットを行うと「若年性更年期」と呼ばれる更年期と同じような症状に襲われることがあるのです。無理なダイエットというのは、食事を抜いたり、運動などのオーバーワークだったりと体に負担が過剰にかかるのです。ダイエットには気をつけるようにしましょう。若い方が痩せたいと思うことには理解できます。ですから、日ごろから若年性更年期障害にならないためにはサプリメントを活用すると良いです。サプリメントを利用して栄養バランスを整えたり、女性ホルモンのバランスを整えたりすることでリスクを軽減することができます。女性ホルモンと似た働きをしてくれる大豆イソフラボンや女性ホルモンの分泌を促してくれるローヤルゼリーなど、自分にあったものを選んで利用すると良いです。

かんぴょうにはどのくらいのエクオールがある?

エクオールは女性に必要な健康成分で、女性の活躍を助けるあのイソフラボンの代わりにもなると言われています。
健康や美容に良いとされる成分ですが、日本人の大半は体内で作り出すことができません。腸内細菌が活発に働いていないからです。作り出すには食物繊維をしっかり摂って腸内細菌の活発化を行う必要があります。

エクオールを作り出すのにおすすめな食材の一つにかんぴょうがあります。食物繊維たっぷりの食材で、大豆ほどではないにしろ多く含んでいるのです。

ごぼうやユリね・ゆずの皮などもおすすめです。いわゆる和食を中心に食べていればスーパーイソフラボンを多く含む健康な身体になれるのです。

エクオールはにんにくに含まれている

にんにくいつまでも若々しく生き生きと毎日を送りたい女性にとって、女性ホルモン・エストロゲンの働きは非常に重要な役割を担っています。そんな中で年齢と共に徐々に低下する女性ホルモン・エストロゲンと似た作用を持つエクオールに注目が高まっています。
エクオールの働きに期待するなら腸内を健康にしなければなりません。ヨーグルトなど腸にやさしい食品を毎日食べるようにしましょう。そうすればエクオールパワーが働いて女性としての自信がみなぎってくると思います。

女性の乱れがちな腸内環境を改善して体内からこの成分を生み出すサポートする食材と言えば健康食品の代表でもあるにんにくです。にんにくには腸自体の働きを活性化して便秘や下痢などの諸症状を和らげるなどの効果があることで知られています。毎日にんにくを食生活に取り入れることで体内からエクオールを生み出して、女性らしいハリのある美肌や艶やかな髪の毛を維持するなどの嬉しい美容効果があります。

一日に必要なエクオールの量ってどのくらい?

一日に必要なエクオールの量は、それぞれの利用者の年齢や性別、健康状態などによって、わずかな違いがありますが、おおむね10mgに設定されています。
現在のところ、こうした健康食品の使い方について、数々の女性向けの媒体で取り上げられることがありますが、少しでも不安を解消したい時には、実際にエクオールを利用している人の体験談に目を通しておくことがとてもおすすめです。