若年性更年期
最近は若い女性の方でも「生理の周期が乱れる」といったことで悩む方が多いようです。これはホルモンバランスの乱れから起こる症状だと思いますね。
色々な対策法がありますが、腸内で作られるエクオールを増やせば症状の改善・予防効果が期待出来ます。この成分は女性ホルモンのエストロゲンと、同じような働きをするので体内で量が増えれば女性ホルモンバランスを整えられるのです。
ただ、年齢が若くになるにつれて、産生率は低下していると言われています。10代だと20%、20代だと30%の人しかエクオールを作れません。なぜかというと、若い世代は大豆製品を食べる機会が少なくなっているからです。
エクオールは大豆製品から作られるので、食べる量が少ないと作れない体質になってしまいます。

大学生や高校生では20%前後しかエクオール産生者がいない

「エクオール」は毎日の食生活によって、その作り出す力が左右されるとも言われています。生まれつきの体質ってワケではないみたいですね。10代後半の若い人たちでも20%前後しかエクオール産生者がいないという調べがあって、この結果は驚くべき数字ではないでしょうか。
大学生や高校生の若年層は、食生活の欧米化によりダイゼインを多く含有する大豆の消費量が低下している為、腸内にビフィズス菌ブレーベ15700やビフィズス菌BB536、乳酸菌などエクオール産生菌が存在し無い人が非常に多くなっています。その為、ソイチェックを受ける若い女性が増えています。

エクオール産生菌を維持するために毎日の食事にもっと大豆を取り入れる!

日本人の50%が腸内に産生菌を持っていますが、20代の若者は30%しか持っていないとのデータがあり、欧米人の20%に近づいていると心配されています。ファストフードやコンビニの普及や、食事の欧米化によって大豆を含む和食離れが影響しています。アンチエイジングや更年期障害にも影響するエクオール産生菌を維持するために、和食の良さを見直し、納豆や豆腐、豆乳などを食生活にうまく摂り入れることが必要です。

エクルオールは美肌に効くのかな

いま、美意識の高い多くの女性たちの間で、美肌に効果があるとして注目されている成分をご存知ですか。
「エクオール」と呼ばれる、エストロゲンと同じような効果を持つ成分なんですが、男性は全く知らないと言う方が多いことでしょうね。
このエクオールには、シミやシワを予防したり、改善をさせる優れた美肌効果があると言われており、口コミでも大変評判が高くなっています。
美容と健康に優れた成分であるのと同時に、さまざまな病気の予防と改善に働きがあるので大注目されるものなのです。

妊娠?それともプレ更年期?症状の似ているポイント

最近はプレ更年期と言われる、若い世代の更年期障害も増えています。気を付けなくてはいけないのが妊娠と更年期の似ている症状です。ダルさや、暑さ、立ちくらみなど色々似ている点はあります。でも一番わかりやすいのが生理が来なくなる事です。妊娠しているのかはっきりさせなくてはいけません。更年期だと思い込み、妊娠に気づかず過ごしてしまうこともあり得ます。検査薬も売っているので心配な時はきちんと検査をしましょう。自己判断は危険です。女性の身体はとても繊細です。ちょっとしたことで生理が来なくなる事もあります。婦人科の検診も定期的に受けるのが安心ですね。

エクオールのサプリは毎日飲まないと効果がない?

エクオールのサプリは、毎日飲まないと効果が実感できないことがあるため、一人ひとりの体質にぴったりの商品を選ぶことがとても大事です。
「食品では続かないけど、サプリなら毎日続けられる」という方が多いので、エクオールの補助はサプリが絶対おすすめですね。エクオールサプリを一度試してみてください。